選挙に若者が行った方が良い理由

2022/06/07 ブログ

マツヤ代表 鈴木の素人雑談

 

こんにちは、マツヤ代表の鈴木です。

今回は店舗や業界の情報やお知らせといった内容ではなく、日頃の生活から代表が何となく感じていることを「なんでかなぁ~?」「こういうことじゃないのかなぁ~?」と書き述べる『素人雑談』のコーナーです。「素人」と銘打ってますから専門的な内容にはならないでしょう。井戸端会議の延長程度かもしれません。まぁ、暇つぶしにでもご笑読いただければ何よりです。

 

 

 

選挙へ行くこと、立候補者へ投票すること、これが参加することです。

 

 

 

◆若者が選挙へ行かない理由

選挙へ行かない理由を挙げる時、自身の若かりし頃を思い出せば容易に思いつくことでしょう。

 

・政治に関心がない

・投票所へ赴くのがめんどう

・誰に投票すれば良いかわからない

・投票したって変わらない

 

私も若い頃はそう思っていました。

しかし、三十代を迎えた辺りからでしょうか。自分が社会の一員であるという自覚を持ったからなのか、自分が政治的な意見を持つようになったからなのか、あるいは「投票は国民の義務」を履行しようと思い立ったからなのか、おそらくその全部なのでしょうけれども投票へ行くようになりました。

 

ならば、ある程度の年齢を重ねれば自然と選挙へ行くだろうということになります。確かにそうでしょう。しかし、自身の経験として、早くから投票しておけば良かったと感じたことも事実です。

 

選挙へ行くことが即ち政治参加であるという考えが生じたからです。

 

 

 

◆若者が選挙へ行った方が良い理由

選挙で誰かしらの立候補者へ投票する……この基本を行っていない人は前提として政治に対して文句を言う資格がありません。政治に参加していないからです。

 

当選して国政に携わっている政治家は「国民のために」と口を揃えます。それが仕事ですから当然でしょう。しかし、心の奥底にある本音はどうでしょうか?「自分を当選させてくれる国民のため」なのではないでしょうか。

 

・投票したって変わらない

 

若者がこう思っていて実際に投票しないから変わらないという側面もあると考えます。だって政治家からしたら「どうせ自分に投票しない若者の意見を聞いたところで……」となりませんか?だから(自分に投票してくれそうな)高齢者へ向けた政治に偏りがちなのです(多少の個人的偏見あり)。なので、選挙へ行くことが自分の意見を間接的ながらも伝える手段の1つになることがわかると思います。

 

自分1人が投票したところで……

 

はい、だから多くの若者が投票する、投票をするだろうと思わせることが肝要です。そうなれば多くの政治家が若者の意見を本腰入れて聴くようになるでしょう。自分1人が……と思いながらも投票することに意味があります。多くの若者が同じような感覚を抱きながらも投票すれば、その合計は結構な数に達していたなんてこともあり得ますから。

 

結局のところ政治家を動かさなければ政治は変わらない。政治家を動かすのは然るべき候補者への投票なのです。その政治家が良い動きをしなかった時に「次はお前へ投票せんぞ!」と言うために。これが政治家への最も手厳しい一言ですからw

 

 

 

では、誰に投票するか。こればっかりは多少なりとも勉強するしかありません。と言っても立候補者もしくは所属政党のウェブサイトへ行くだけです。最初は何もわからなくて構いません。書かれていることを読んでいれば良いです。読み続けていくと次第に疑問が沸いてきます。その疑問を1つ1つ解明していけば良いのです。最終的には立候補者がやらんとしていることがおぼろげながらでも見えてくるでしょう。それで充分です。

 

最終的に著者が言わんとしていることへと辿り着くという意味では読書と同じですね。

 

また、そうやっていると自然と勝手に政治への関心も芽生えますから、関心を抱けば投票所へ赴くのもめんどうではなくなります。

 

 

一見しただけでは見えてきませんが、巡り巡って自分自身へと跳ね返ってくるのが政治参加であります。すぐには変わらないかもしれないけど気がつけば変わっているのが政治でもあります。その一端へ参加すること、その基本が選挙であり投票であると思います。

 

国の政治だと身の回りのこととして捉えにくいなぁと思えば知事選挙や市議会・区議会・町村議会への選挙で一度試してみることをおすすめします。もっと身近な事柄がテーマになっていますよ。

 

 

 

若者よ、選挙へGO!