消費税と軽減税率とキャッシュレス

2019/10/01 ブログ

こんにちは、広小路キッチンマツヤです。

 

 

 

2019(令和元)年10月1日より消費税が8%から10%へと増税されます。政府からすれば幾度かの延期を経たうえでの、満を持してのスタートなのでしょう。そして、これまでの経験を踏まえて導入されたのが軽減税率です。

 

 

 

軽減税率!

 

 

 

いつまで継続されるのかもわからないシロモノなのですけれども、何年か後には「そういえばそんなのもあったねぇ」などと苦笑交じりに語られることになる……かもしれず、そして、その時にはきっと「あれはよくわからんかったわー」といった文言もセットになることでしょうw

 

主旨は充分に理解できるのですけれど、如何せん細部の適用ルールがいかにも堅物な線引きと言いますか、事前に想定し得る限りの細かなルールが、その細かさ故に、杓子定規なるが故に、傍から見ると「?」のオンパレードになるお役所仕事の面目躍如ではないかと。(苦笑)

 

主旨に沿って突き詰めたら当初の目論見とは随分離れたところに着地した感じがしてなりません。ナゼに「本みりん」は10%の対象なのに「みりん風調味料」は8%のままなのかとか、さらに申せば、ナゼにイートインは10%でテイクアウトが8%なのかとか……これの併用店舗がどれだけあるとお思いなのでしょうかw

 

いえ、その理由を聞けば理解はできるのですが、その理由は生活目線じゃないでしょ!との総ツッコミが生じることにナゼ気づかないのかなぁ?ってやつですよね。

 

用途による区別と成分による区別が混在しているから混乱するんですよ。

 

あと、多くの方々がこっそり思っていることを代弁しますと…………どうせしばらくしたら全部10%になるんでしょ?ってやつww

 

 

 

始まった当初は何が10%で何が8%なのかで混乱し、それに慣れたと思った頃には全部10%になる……そんなシナリオが見えて仕方ありませんw

 

 

 

とまぁ、言い出せばキリがなくなる増税と軽減税率ですが、それでも始まってしまいますから、それに沿って対処するしかありません。

 

 

 

『広小路キッチンマツヤ』および『伏見酒天童子』は店内飲食10%、テイクアウトは8%とする形でスタートさせていただきます。

 

そのため、「Uber Eats」や「EPARKテイクアウト」といったデリバリーやテイクアウトでは価格据え置きとなっております。

 

 

 

・Uber Eats - 広小路キッチンマツヤのページはコチラから。

・EPARKテイクアウト - 広小路キッチンマツヤのページはコチラから。

 

 

 

ランチメニューは税込価格でご提供しておりますので、ほんのちょっぴりですが値上げとなるメニューが一部にあります。ただ、価格据え置きのメニューも多くあります。

 

夜の一品料理やドリンクにつきましては税抜価格で表示しておりましたので、そのまま価格据え置きで消費税が10%となります。これも宴会コースなどの税込価格だったモノには据え置きがあります。

 

 

 

……まぁ、3000円使っても差額は60円ですよ。

……その60円をどう見るかですけどね。

 

 

 

あと、キャッシュレス決済による還元ですが、マツヤ・酒天童子とも 5% の還元になっております。

 

 

 

 

・キャッシュカード(VISA・Master・JCB・AMEX・Diners Club)

・電子マネー(交通系・iD・QUICPay・PayPay・LINE Pay・d払い)

 

 

 

以上のキャッシュレス決済が対象となっております。

 

マツヤではコチラの利用が激増するのではないかと予想しております。

 

あと、ここだけの内輪話ですが、と言っても他のお店でも同様かと思われますが、キャッシュレス決済で店側が一番利用していただきたいのは、現状だと PayPay ですね。

 

 

 

対象期間がありまして、「2020(令和2)年6月30日まで」ですのでご注意ください。

 

 

 

巷では8%のままで済む「内食」が増える、10%になる「外食」は減ってしまうとの予想もあるようですが、外食でしか味わえない魅力もありますので今後とも変わらぬご愛顧を何卒よろしくお願い申し上げる次第であります。

 

 

 

◆ご予約随時承り中
当サイトの画面下部に表示される電話番号よりお電話で、もしくは「ご予約はこちらから」をクリックしてのカンタンWeb予約で承っております。